人気商品を試しても、どうしても”肌に赤み”が出てしまったり”肌荒れ”してしまう敏感肌スキンケア対策‥

10代の頃はあまりスキンケアやメイクに力を入れない分、自分が敏感肌だと気づく人も少ないと思います。

本格的にスキンケアやメイクを始めるようになった20代で悩む人も多いはず。

敏感肌のスキンケアは20代からベースをつくることが大切。

自分なりに肌と向き合いながら諦めずに、美肌への道を探求することが将来のより良い美しさに繋がります。

敏感肌の私が「効果を実感できる♪」と感じたスキンケア対策

敏感肌 スキンケア 対策

敏感肌の私は、いままでスキンケア対策で失敗続き‥。

そんな私が「これは効果が実感できる!」と思えた数少ないスキンケアで、いま使ってるやつ2つを紹介します♪

「みんなの肌潤セット」

敏感肌 スキンケア 対策

この「みんなの肌潤」シリーズは前から使っていて、もともとは3種類バラ売り。

『みんなの肌潤風呂』『みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~』『みんなの肌潤ろーしょん』の3種類で、お風呂の中から上がった後のケアまで敏感肌のスキンケア対策ができるっていうもの♪

効果が実感できるから3つまとめてセットにならないかなぁ?なんて思ってたら、お得なセットになったので間違いなくイチオシ!

めっちゃ敏感肌のことが考えられていて、あ!違う!と思うはずですよ♪

みんなの肌潤セットの公式サイト

https://hadajuntou.com

 

「アレルナイトプラス」

敏感肌 スキンケア 対策

この「アレルナイトプラス」は、一言でいえば”飲む敏感肌のスキンケア対策”というもの。

プロフィギュアスケーター村上佳菜子さんも愛用していて、やっと肌のお手入れができた!ってお気に入りとか。

私は「みんなの肌潤セット」と併用しているけど、これが最高の組み合わせ!

間違いのないお金の使い方ができて、ちゃんと自分に効果が返ってくるのでおすすめですよ♪

公式サイト

https://orientalbio.co.jp

 

敏感肌のスキンケア!20代で注意しておきたいこととは?

敏感肌 スキンケア 対策

20代の敏感肌のスキンケアで注意しておきたいことは”肌に負担をかけすぎない”こと。

もともと敏感なのにむやみにこすったりすることはお勧めできません。

スキンケアではなるべくこすらない、刺激の強いものは使わない、痒くても強く引っ掻かないなど優しいスキンケアを心がけましょう。

 

例えばメイク落としの時はコットンなどの拭き取りクレンジングを使用するのではなく、沢山の泡で優しく洗い流すようにしてあげます。

そして敏感肌用のスキンケアを揃えて使いましょう。

さまざまなブランドから敏感肌用のシリーズが展開されているので自分に合ったブランドがきっと見つかるはずです。

敏感肌 スキンケア 対策

20代だからスキンケアにお金をかけることができない人もたくさんいると思います。

いままでのイメージでは敏感肌用のスキンケアというと高い化粧品のイメージがありましたよね。

しかし最近では比較的手頃な価格で敏感肌用のスキンケアを揃えることができます。

代表的な例でいうと敏感肌用のスキンケアを展開している無印やキュレルなどがその例に挙げられます。

みんなが使っているからという理由で刺激の強いスキンケアをしてしまったり、化粧品を使うとより敏感になってしまう可能性があります。

20代の敏感肌スキンケアでやっておきたい3つのポイントはこちら

敏感肌のスキンケアで”プチプラ”には注意!

敏感肌 スキンケア 対策

敏感肌のスキンケアで気をつけたいポイントはプチプラの商品。

スキンケア商品は発売されるまでに沢山の人が携わってようやく発売が決まります。

何度も実験をして人の肌に問題かないかどうかを確かめてから売られている商品がほとんどです。

つまりその分多くの費用が商品に費やされることになります。

 

商品の価格には何度も重ねられた実験やテスト、研究費用も含まれていることがあります。

あまりに安すぎる価格ではそのテストや研究が十分になされていない場合があります。

シンプルなデザインで用途も限られているのに、値段の高い化粧品のメカニズムはここにあります。

敏感肌 スキンケア 対策

敏感肌のスキンケアを選ぶ時は説明をよく読みましょう。

何を根拠に敏感肌のスキンケアとアピールしているものなのか、なぜプチプラの価格で販売できているのかなど自分なりに調べてみましょう。

この時海外のホームページは日本語ではない言語で書かれているものも多いので、不安を感じた時は自分が読める日本語のサイトを参考にしてみてください。

日本にコールセンターや相談窓口があるブランドであれば、何かトラブルが発生した場合にもきちんと対応してもらうことができます。

スキンケアを始めたばかりの20代であれば、まずは日本製を選んでみることも安心の選択の1つかもしれません。

敏感肌スキンケア対策!プチプラに隠れた怖さを見抜く3つの方法!

敏感肌に合ったスキンケアで保湿しないとあとが怖い!

敏感肌 スキンケア 対策

敏感肌に合ったスキンケアできちんと保湿しないと、スキンケアの後で湿疹やかゆみが出てしまうことがあります。

すぐに皮膚科に行ければいいのですが、学校や仕事でなかなかすぐには行けないですよね。

そうしている間に強く引っ掻いてしまったりこすることで、その傷が跡になってしまうことも‥。

スキンケアでしっかりと保湿したつもりが、結果的に傷つけてしまって傷を残してしまえばかなりショックですよね。

 

通常売られているものは敏感向けではなく、平均的な肌向けに開発されている商品も多くあります。

きちんと表示されている説明を読んで敏感肌用の乳液やクリーム、美容液などの保湿剤を選びましょう。

特に敏感肌の人が合わない保湿をしてしまうと、皮がめくれたりして乾燥してしまうこともあります。

使用してヒリヒリしたり翌日荒れてしまったりした場合は、使用を中止してメーカーや皮膚科に相談してみましょう。

敏感肌 スキンケア 対策

自分に合わないスキンケアを続けてしまうと、さらに肌への負担は増してしまい治りづらいケースになることもあります。

保湿はスキンケアの最後の大事な部分。

敏感肌に合ったスキンケアで自分にたっぷりと愛情をかけるように、化粧水などの水分をしっかりと包み込んであげましょう。

敏感肌スキンケア対策で保湿を失敗して肌荒れを起こさない3つのポイント!

敏感肌のスキンケアでは”かゆみ”がヤバイ前兆なことも!

敏感肌 スキンケア 対策

敏感肌の人がスキンケアを使用していて肌に合わないと、かゆみが出ることがあります。

そのかゆみを放置しておくとかゆみが増してしまったり、引っ掻いているうちに湿疹が出てしまったりすることがあります。

徐々に赤みや腫れが増して症状がひどくなることもあります。

新しく挑戦したスキンケアでかゆみを感じたら一度使用を中止してみましょう。

 

かゆみが辛い時は皮膚科やブランドの窓口に相談しましょう。

敏感肌だからかゆみがあるのは当然かも‥と思って放置しておくことは1番よくないことです。

自分の一生モノの大事な肌だからこそ、しっかりと観察して1つ1つの反応に意識を向けましょう。

敏感肌の人はおそらく、いままで市販の化粧品で肌荒れしてしまったことがあるから敏感だと認識しているのだと思います。

それを慣れにしてしまわずに何に反応しているのか、どんな成分が苦手なのかをきちんと分析しましょう。

敏感肌 スキンケア 対策

かゆみをSOSと捉えておくことを忘れないことが大切です。

敏感だから肌荒れしてもしょうがない‥という認識は今日から捨てましょう。

あなたの敏感な肌は、十分に綺麗になれる資格を持っています。

自分の肌が荒れていることが普通だと思わずに、自分の可能性を信じてあげてください。

敏感肌スキンケア対策!かゆみが出たときに注意したい3つのポイント!

敏感肌はスキンケアで将来のシミを防ぐことが大事!

敏感肌 スキンケア 対策

敏感肌のスキンケアには日焼け止めを入れてみましょう。

化粧品の成分に敏感な人は紫外線にも敏感な場合があります。

紫外線に当たって赤くなったり、湿疹が出てしまったり肌荒れしたことはありませんか?

私たちが思っている以上に紫外線は肌にダメージを与える可能性があります。

敏感肌スキンケア対策!敏感肌で毛穴が黒ずみになる3つの原因とは?

日焼け止めを日頃のスキンケアに取り入れれば、紫外線のダメージから守ってくれる効果があります。

そして将来のシミの発生を防ぐことでシミケアや美白ケアにそこまで力を入れなくても、綺麗な肌を維持できるようになるかもしれません。

美白ケアのスキンケア商品やシミ消しの化粧品は、敏感肌の人には合わない商品が多いこともあります。

将来どの美白化粧品もシミ消しの化粧品も「私には使えない‥」と落ち込まないようにするためにも、スキンケアで将来のシミを防いでみましょう。

敏感肌 スキンケア 対策

日焼け止めにも敏感肌用の日焼け止めが多く発売されています。

サングラスや帽子、UV対策のカーディガンなどを併用しながら将来のシミを防ぎましょう。

そしていまから敏感肌に合ったシミ対策や美白化粧品を探していくことで、突然シミができて焦ることもなくなります。

焦ることで自分に合わない化粧品を、きちんと吟味せずに選んでしまうこともありますよね。

敏感肌スキンケア対策!間違って選ばないために知っておきたい成分とは?

敏感肌のスキンケア対策で顔の赤みを解消するには?

敏感肌 スキンケア 対策

敏感肌の女性なら顔の赤みに対するスキンケア対策、これが代表的かもしれません。

メイクやスキンケア商品など、また紫外線や乾燥といった条件で科の赤みが気になることもしばしば‥。

そこで顔の赤みをスキンケア対策する上で、とくに大事な3つのポイントはこれ。

  1. 保湿効果の高い成分
  2. 肌への刺激が強い成分を避ける
  3. 肌を保護する

このようなことをしっかりと守っていけば、敏感肌で顔の赤みに悩まなくて済むかもしれません。

保湿効果の高い成分といえば、代表的なものでヒアルロン酸など。

しっかりと保湿することでお肌に弾力ができて、引っ張り作用による赤みの解消につながっていきます。

またスキンケア商品の中には刺激の強い成分のものもあるので、しっかりとチェック!

アルコール成分や香料・添加物などなど‥顔の赤みに繋がってしまうものもあるので注意してくださいね♪

あと忘れてはいけないのが、お肌を保護する成分が入っていること。

これは忘れがちになることが多いので、マメにチェックしてみてくださいね!

敏感肌スキンケア対策!顔の赤みを解消に導くスキンケア方法

敏感肌スキンケアにストレスは大敵!

敏感肌 スキンケア 対策

敏感肌のスキンケアにストレスはよくない!ってよく耳にしますよね。

でも具体的にどんな風に良くないのか‥と言われたらなかなか答えられません。

そこでストレスが敏感肌のスキンケアにどれだけ良くないのか、具体的に3つの悪循環をお伝えします。

ストレスが敏感肌スキンケアへ与える影響①血行が悪くなる

敏感肌 スキンケア 対策

まず良くご存知のように、ストレスによって体全体の血行が悪くなります。

つまり血流が悪くなるということ。

それと同時に呼吸が乱れる傾向にあるので、よけいに血流がスムーズに流れなくなってしまうんですね。

ストレスが溜まるとやってしまう「溜息」‥。

これも呼吸が乱れている証拠なんです。

さらに食事ものどを通らなくなって、栄養面でも血流を妨げてしまいます。

ストレスが敏感肌スキンケアへ与える影響②肌がカサついて荒れる

敏感肌 スキンケア 対策

そんなふうに血流が乱れることで、こんどは肌に影響が現れるようになる始めます。

血流が悪いために肌がカサついたりし始めて、乾燥気味になったり赤みを帯びるほどになったり。

するとかゆみなども出始めるので、どうしても掻いてしまってもっとひどくなる‥。

余計に肌を傷つける原因になってしまうので、もはや悪循環なんです。

さらに食事がおろそかになることで栄養が行き届かず、肌の張りがなくなってシワシワ‥。

こうなってくると重症の領域に入ってきます。

ストレスが敏感肌スキンケアへ与える影響③さらにモチベーションが下がる

敏感肌 スキンケア 対策

さらにそれで済むことなく、こんどは自分自身で敏感肌を悪化させてしまいます。

それが「モチベーションの低下」なんですね。

スキンケアそのものもどうでもよくなったりして、一向に敏感肌が良くなる気配が見えない。

こうなってくるともはや重傷で、一刻も早く立ち直らないと将来の肌は大変なことに‥。

ここまで悪循環で敏感肌をさらに悪化させないよう、まず悪化の原因となるストレスをうまく処理することが思った以上に大切なんです。

ここまでの悪循環に陥って敏感肌をさらに悪化させないよう、ストレスを溜めない工夫も敏感肌のスキンケア対策の重要な一つになります。

 

敏感肌スキンケア対策まとめ

敏感肌 スキンケア 対策

敏感肌といえば、何だかネガティブなイメージを持っている人も多いかもしれません。

強い肌の人よりも成分や説明書きに注意が必要で、皮膚科に行くトラブルにも巻き込まれてしまう可能性もあります。

しかし敏感だということは、それほど1つ1つの成分や内容に反応できる機会があるということです。

メモ

普通の人なら気づかない細やかな感覚を持っているということ。

敏感肌だからこそスキンケアのことも20代からたくさん勉強することができます。

敏感を強みにしてより美しい肌を探求してみましょう!

 

 

敏感肌のスキンケア方法がしっかりとできたら、女性にとって悩ましいのが「ひげ」!

そんなヒゲの悩みを解消してくれる方法をこちらのサイトで見つけて実行中♪

もしヒゲで悩んでいれば、ぜひ手に取ってみて欲しい対策です!

更新日:

Copyright© 敏感肌のスキンケア対策♪32歳の主婦が体験してきたおすすめな方法 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.